ページトップ

Copyright © Yamagata Prefectural Library. All rights reserved.

 

〒990-0041 山形県山形市緑町1-2-36(遊学館内)
電話:023-631-2523(代表)  023-633-0165(本の相談)  FAX:023-625-6520

 

高山 樗牛

文献目録はこちら
 

経歴

明治 4   鶴岡市高畑町生まれ
明治21   第二高等中学校予科入学
   「文学界雑誌」創刊
明治26   東京帝国大学哲学科入学
明治27   「滝口入道」発表
明治28   「帝国文学」創刊
   「太陽」文芸欄主筆
明治29   大学卒
   第二高等学校教授
明治30   博文館入社
   「太陽」文芸欄主筆
明治33   ヨーロッパ留学を胸部疾患のため辞退
明治35   文学博士
明治35   没
 
高山 樗牛

1871年(明治4)~1902年(明治35)

文学者、評論家。

早くから天才的な文才を示し、仙台二高在学中には評論を書きはじめ、山形日報にゲーテの「若きヴェルテルの悩み」の訳稿を掲載したりした。東京帝大入学の年、読売新聞の懸賞小説に応募した「滝口入道」が首位入選、翌年新聞紙上に掲載されて若い読者から熱狂的な支持を受けた。「帝国文学」の創刊に参画、また「太陽」の文芸欄も担当して、評論活動を展開するが、文章は雄渾かつ重厚、格調の高い独特の名文で、たちまち逍遥、鴎外と並ぶ評論家の地位を手にした。“日本主義”を唱え、一転して極端な個人主義に移り、さらに日蓮への傾倒と変転するが、ロマン性豊かな発言は多くの青年を熱狂させた。