ページトップ

Copyright © Yamagata Prefectural Library. All rights reserved.

 

〒990-0041 山形県山形市緑町1-2-36(遊学館内)
電話:023-631-2523(代表)  023-633-0165(本の相談)  FAX:023-625-6520

 
トップページ > やまがたの情報> 縣人文庫> 結城豊太郎 

結城 豊太郎

文献目録はこちら
 
結城豊太郎

経歴

明治10   南陽市赤湯生まれ
明治36   東京帝国大学政治学科卒
   日本銀行入社
大正10   安田保善社専務理事
昭和2   赤湯実業公民学校創立に援助
昭和5   日本興業銀行総裁
昭和10   臨雲文庫創設
昭和12   林内閣の大蔵大臣兼拓務大臣
   日本銀行総裁
昭和19   内閣顧問
昭和26   没
 
結城 豊太郎

1877年(明治10)~1951年(昭和26)

銀行家、財政家。

日本銀行に入り、京都・名古屋・大阪各支店長を歴任、大正10年、高橋蔵相と井上日銀総裁の推薦で安田財閥に入り、安田善次郎没後の同財閥の指導に当たり、近代化を進めた。昭和5年、日本興業銀行総裁に迎えられ、井上蔵相とのコンビで昭和初期の不況対策に腕をふるい、また後に経済界で活躍する多くの人材を育てた。林銑十郎内閣の蔵相に就任したが、内閣の崩壊後、日本銀行総裁となり、昭和19年3月まで6年半にわたり戦時金融の最高責任者として活躍した。郷里の青少年のため赤湯町に贈った図書館「臨雲文庫」は、現在、南陽市立結城記念館となっている。