ページトップ

Copyright © Yamagata Prefectural Library. All rights reserved.

 

〒990-0041 山形県山形市緑町1-2-36(遊学館内)
電話:023-631-2523(代表)  023-633-0165(本の相談)  FAX:023-625-6520

 

平田 東助

文献目録はこちら
 
平田東助

経歴

嘉永2   米沢市信夫町生まれ
明治3   大学南校(後の東京帝国大学)卒
明治4   ドイツ留学
明治9   内務省御用掛
明治23   貴族院議員
明治24   信用組合法案提案
明治31   任法制局長官
明治34   第1次桂内閣農商務大臣
明治38   産業組合中央会設立、会頭就任
明治41   第2次桂内閣内務大臣
大正11   内大臣
大正14   没
 
平田 東助

1849年(嘉永2)~1925年(大正14)

政治家、産業組合運動の指導者、伯爵。

明治4年、岩倉遺外使節団に随行、ドイツに留ってベルリン大学で政治学、ハイデルベルク大学で国際法、ライプチヒ大学で商法を研究。明治8年、ハイデルベルク大学で日本人として初めてドクトル・フィロソフィーの学位をとった。ドイツで学んだ信用組合を基に農民の経済自立、自主経営の組織化をめざして精力的に推進した産業組合制度は、明治33年法制化され、農業団体が再編される戦時下の昭和18年まで続く。本県ではこの法制化の7年も前から彼の指導で、小松、糠野目、米沢に信用組合が設立され、産組法による第1号も東村山郡金井村信用組合であった。山県有朋系官僚として活躍、死の直前まで天皇補佐役の内大臣を勤めた。