ページトップ

Copyright © Yamagata Prefectural Library. All rights reserved.

 

〒990-0041 山形県山形市緑町1-2-36(遊学館内)
電話:023-631-2523(代表)  023-633-0165(本の相談)  FAX:023-625-6520

 
トップページ > やまがたの情報> 縣人文庫> 小倉金之助 

小倉 金之助

文献目録はこちら
 

経歴

明治18   酒田市船場町生まれ
明治38   東京物理学校卒
明治43   東北帝国大学理科大学助手
大正 5   理学博士
大正 9   フランス留学
大正14   (財)塩見理化学研究所長
昭和15   東京物理学校理事長
昭和21   民主主義科学者協会会長
昭和31   「近代日本の数学」毎日出版文化賞受賞
昭和32   平和文化賞受賞
昭和37   没
 
小倉 金之助

1885年(明治18)~1962年(昭和37)

数学者、数学教育学者。

東京物理学校卒業後、東京帝国大学理科大学化学専科に入学したが、家業の回漕問屋を継ぐために帰郷。家業のかたわら独力でできる学問として、物理化学を捨てて数学を選び、林鶴一の指導で本格的研究を始めた。私学の卒業者では日本最初の理学博士である。数学史、数学教育、科学論、実用数学などにわたり、優れた論著が多い。科学的精神が社会批判や歴史的考察と結びつき、中でも数学教育の目的として“科学的精神”の育成をあげ、数学教育と数学の大衆化について論じた「数学教育の根本問題」(大正13年刊)は全国の数学教育界に大きな刺激を与えた。戦後は日本科学史学会会長として、科学民主化の諸運動を支援した。