ページトップ

Copyright © Yamagata Prefectural Library. All rights reserved.

 

〒990-0041 山形県山形市緑町1-2-36(遊学館内)
電話:023-631-2523(代表)  023-633-0165(本の相談)  FAX:023-625-6520

 

伊東 忠太

文献目録はこちら
 

経歴

慶応 3   米沢市座頭町生まれ
明治25   東京帝国大学造家学科卒
明治29   古社寺保存会委員
明治34   工学博士
明治35   中国・インド・トルコ調査旅行(3ヶ年間)
明治38   東京帝国大学教授
大正14   帝国学士院会員
昭和 3   東京帝国大学名誉教授
昭和12   帝国芸術院会員
昭和18   文化勲章受賞
昭和26   文化功労者
昭和29   没
 
伊東 忠太

1867年(慶応3)~1954年(昭和29)

建築史家、建築家。

日本で初めて建築学を一つの科学として仕立てあげ、日本の建築芸術の発展経路を明らかにするとともに、中国山西省の雲崗石窟をはじめ、インド・トルコなどの仏教遺跡を調査し 、また古社寺保存会委員、国宝保存会委員として神社の造営、文化財の保存にも力を尽くした。彼の設計した建築物は平安神宮、明治神宮、大倉集古館、築地本願寺など100点を超し、県内では、上杉神社、亀岡文殊、山形の明善寺などがある。郷土出身者の育英事業を提唱し、“国家有為”の人材を育てる会「米沢有為会」の結成に尽力。米沢市名誉市民第1号となった。